ナース

女性特有の病気|子宮筋腫に気づいて早期治療を

夫婦で協力して治療出来る

女医

大阪にあるクリニックで体外受精をすることが出来ます。高い妊娠率を上げていて、不妊で悩む夫婦にも人気を集めています。土日も治療してもらうことが出来るので、仕事を続けながら体外受精の治療をすることも可能です。

この記事を読む

リラックスして通院を

看護師

大阪で婦人科を探すときにはネットの病院検索サイトが便利です。女性の医師がいるところが分かります。自宅や職場の近くにあるクリニックを探すことが出来ます。また、ネット予約が出来る治療院があります。思いついたときに予約が出来て便利です。

この記事を読む

長期間お世話になる場所

診察室

大阪のような大都市では、多くの産婦人科があるため情報収集は入念にしておくと良いです。妊娠から出産までの間は特に頻繁にお世話になるところなので、出来るだけ通いやすい場所を選びましょう。また、内装や雰囲気を知るにはウェブサイトなどの閲覧も効果的です。

この記事を読む

豆知識とメリット

ドクターとナース

豆知識

子宮筋腫は、子宮にできる良性腫瘍のことを言います。30代から40代の女性に多く見られる疾病のひとつです。昨今では、この年代で妊娠を初めて経験する女性が増加したのにともない、子宮筋腫合併妊娠も増えつつあります。出産や妊娠への影響は、筋腫の位置や大きさなどにより異なってきます。以前は、筋腫の大きさで赤ちゃんの発育を妨げられることが推測できたり、胎盤の上に筋腫があり、妊娠継続の妨げになっている場合には、筋腫の切除手術を行なうこともありましたが、現在では、ほとんど行なわれていません。除去の時期は、赤ちゃんの心拍数が確認された後に、子宮があまり大きくならない時期が、比較的安全性が高いと考えられています。

メリット

赤ちゃんへの影響がなさそうな時には、とくに治療を行なわず、経過観察とします。痛みが強い際のみ、赤ちゃんに影響が少ない鎮痛剤を使用することもあります。子宮筋腫は、妊娠により分泌の増えるホルモンの影響で柔らかくなって、赤ちゃんの邪魔をしないことも多いです。しかし日常生活では、早産や流産の確率が通常よりは、すこし高いことをかんがえて、ムリせずにお腹の張りや出血に気を配ることが大切です。出産は経膣分娩が可能なこともありますが微弱陣痛や児頭回旋異常などを引き起こしやすく、帝王切開になることもあります。また、一般的ではないですが、帝王切開の手術時に、子宮筋腫を切除する手術も並行することが可能なレアケースもあります。